真光寺について
一遍上人について
七福神・弁財天・福原西国観音霊場
住職の話
年中行事
アクセス

花まつり

4月8日はお釈迦さまのご生誕を祝う「灌仏会(かんぶつえ)」の日です。
他にも「降誕会(ごうたんえ)」、「仏生会(ぶっしょうえ)」、「仏誕会(ぶったんえ)」などとも呼ばれます。
一般には「花まつり」の名で親しく呼ばれ、仏教の春の行事です。
故事によればお釈迦さまは、今からおよそ2500年前の4月8日、インドの北方ルンビニーでお母さまのマヤ夫人(ぶにん)が無憂樹の枝に手をさしのべた時にお生まれになりました。
お釈迦さまお誕生の際、天から龍王が舞い降りてきて甘露(かんろ)を灌(そそ)ぎ、雅楽(ががく)の美しい音色が流れ、人々はもとより動物たちも木々も花々も、全ての生きとし生けるものが、お釈迦さまのお誕生をお祝いしたとあります。
これにちなんで、日本ではお釈迦さまの誕生仏に香水を灌ぐ儀式が行われてきましたが、江戸時代からは香水に代わって甘茶(霊水である甘露になぞらえている)を灌ぐようになりました。また、近年ではお釈迦さまがルンビニーの花園で誕生したというお話から、誕生仏を花御堂(はなみどう)に安置して祝うようになりました。
お釈迦さまはお生まれになるとすぐに七歩あるいて、右手で天を、左手で地を指すその誕生仏のお姿は「天上天下唯我独尊(てんじょうてんげゆいがどくそん)」という言葉に象徴されるように、「この世に生きるものには皆それぞれの価値があり、尊いものである」という意味を表すものです。

真光寺では本年4月1日から8日まで本堂に誕生仏を安置した花御堂をお祀りしております。


ページトップへ