真光寺について
一遍上人について
七福神・弁財天・福原西国観音霊場
住職の話
年中行事
アクセス

一遍上人の熊野本宮参籠

文永11年(1274)の夏、一遍上人は熊野の山中で一人の僧に会いました。「一念の信をおこして南無阿弥陀仏ととなえてこの札を受けてください」と言って念仏札を渡そうとするが僧に拒否され、押し問答の後無理矢理にお札を渡しました。
お札の渡し方に疑問を持った一遍上人は熊野本宮証誠殿(しょうじょうでん)に参籠しました。すると夢の中に熊野権現が現われて、お札を配る意義を告げます。
「信不信をえらばず、浄不浄をきらわず、その札をくばるべし」と。

この時が一遍上人の成道(じょうどう・さとり)の時であり、時宗が開かれたときであると言われています。

真光寺境内にも熊野権現社をお祀りしております。
毎年5月には熊野権現社の前で御法楽を行い、本年は、5月15日(日)10時半より執り行います。

001


ページトップへ